2008年 05月 08日 ( 1 )

久々に能登へ

GWも終わり世間も通常モードに戻ったようだ
私は後半5日はしばらく仕事をしたが一応4連休だった

4日に都合を付けて家族で能登半島をまわる事にした
嫁さんが「輪島朝市」を見た事が無いというので一番の目的が決まった
私は以前輪島市内にも取引先があり、営業でちょこちょこ出かけていたので珍しくもないのだが・・・

朝市という事で日帰りだと当然早朝に出発せねばならない
鯖江から輪島まで220kmほど、意外と遠いのだ
4時過ぎに起床、なかなか起きない子供達を何とかたたき起こす、コーヒーだけすすり5時に自宅を出る
連休の早朝、さすがに道路はガラガラ
R8をしばらく走り金津ICから金沢ICまで高速を飛ばす

金沢からはR159を走り羽咋市へ、お約束の「千里浜」に立ち寄る


e0121329_23331453.jpg



嫁さんも千里浜までは来た事があるらしい
子供達も車を降りてあたりを走りまわる、まだ寒いのに膝まで海に入り家族で潮干狩りを楽しんでいる人もいた
私も能登へ来た時はたいがい千里浜に立ち寄るが何度来ても開放感があり好きな場所だ

若い頃嫁さん以外の彼女とドライブに来てドリフトして遊んでいたら後輪がスタック、FR車の弱みもあり見知らぬ人達に助けて頂いた覚えもある (*^_^*)


さらに輪島方面へ北上、今度は富来町の海岸沿いにある「世界一長いベンチ」だ
ここのベンチはギネスブックにも載る木製のながーいベンチ、のんびり座って海岸線を眺める事が出来る
午前中なので夕日は拝めないがとりあえず記念撮影


e0121329_23445468.jpg



10時頃にようやく輪島市内へ到着、久々に朝市に来たのだが駐車場など海沿いが整備され以前と雰囲気が変わっていた
それに連休という事もありすごい人、昔GWにツーリングで来た事もあったがこれだけの人で混む朝市通りは初めてだ


e0121329_23485143.jpg
e0121329_23485740.jpg



坊主が歩くのを嫌がった時用にベビーカーも持参していたので人ごみを歩くのもなおさら大変だった
帰りが遅くなるので魚介類は買わなかったが、お菓子や民芸品など手にした

朝市では屋台のおばちゃんとのかけ引きが一つの楽しみでもあるが、昨年の地震での苦労話などを聞かされるとつい遠慮して言い値で買ってしまった
昨年の地震は門前などに被害が多かったようだが、輪島中心部でも倒壊して空き地になったままの地面も目にした

嫁さんも満足したようなので輪島を後にしてさらに珠洲方面へ向かう
道中「千枚田」のパーキングも満車であふれている、ざっと見下ろして曽々木海岸で昼食


e0121329_035126.jpg



この先R249は南下するのだが、私達は狼煙方面へ走る
道幅も狭くなり、普通の週末ならガラガラのはずなのだがここ最近のナビの普及かネットなどの情報を見てか対向車が意外と多い
一昔前は私のような「スキモノ」しか行かないようなへんぴな場所だったのだが・・・

通り道で賑やかな箇所があった、大谷川という地区で「こいのぼりフェスティバル」が行われていた
後から知ったのだが毎年の行事で結構有名らしい

息子はこいのぼりが大好き、私達も迷わず車を止める
写真では臨場感が出ないが手前にもたくさん、過去に見た事の無いこいのぼりの数だ
いくつかのテントがあり楽しそうだったがまだ先は長い、ここも手短に切り上げる


e0121329_0101329.jpg



15時過ぎに能登半島最北端「禄剛崎」に到着
ここには有名な灯台があるが車内では息子が爆睡、私は何度も来ているので嫁と長女のみ灯台を見に行かせた
小高い丘の上にあり、10分ほどの散歩道だ


e0121329_0152975.jpg



灯台登り口の有料駐車場、来る度に閑散としていた覚えがあったが何故かほぼ満車だった

ほぼ目的地は制覇し半島を海岸沿いに南下する
私の希望で穴水の手前から内陸に入り「能登空港」へ立ち寄る事にした

e0121329_022679.jpg



切り開いた山の中に立派なビルと管制塔が、能登で採算が合うのだろうか?
近くの展望台からターミナルや滑走路が見下ろせる
しばらくうろうろしていたが離発着は無し・・・

空港を後にし能登有料道路へ入る
いまだに何箇所も料金所があるうえETCレーンが無い、交通量も多かったのだが途中で大渋滞
一般道に下りようか迷ったが結局そのまま金沢まで
19時前すでに薄暗いのに4車線区間では数台の白バイを見かけた
捕まってる奴もいたので私もついスピードを落とす、渋滞の分を取り返すべく追い越しレーンで頑張っていたのだ

金沢市内を過ぎ回転寿司で夕食、帰宅は22時をまわり嫁も子供もぐったり
・・・車内では3人がちょこちょこ寝ていたはずなのに

帰宅時まで私だけ何故か元気だったのだがやはりこのコースは1泊すべきだった

まだ子供に手がかかる分疲れたが、欲張った日帰りドライブとなった
[PR]
by junya_soma | 2008-05-08 23:11