自動車税が割り増しに

先日愛車の本年度分自動車税の通知が届いた
私の車は平成7年3月初登録、14年目に突入した結構古い車である
3月の車検で入れ替えも考えたが走行もまだ6万キロ未満だし、タイヤのみ新品に換えて車検を通した

排気量2000ccなので税金は年間¥39,500のはずだが本年度請求額が¥43,400
間違いじゃないのかと添付された紙面をよく見ると一定の期間が経過した車は1割ほど増税になるらしい、逆にグリーン税制で新車などは割引に・・・

確かに燃費に関してはここ最近の車はすこぶる改善されて来ている
しかし私のような古い車でもマニュアルシフトのせいもあってか燃費は排気量から行けば今の車に負けないと思うのだが・・・
平均13-14km/l、先日の能登ドライブではそこそこ飛ばしエアコン併用でも15km/lをマークしていた
今の車でも2000ccのセダンでそこまで走るだろうか?

買い替えによりシャバで金が動くのもいい事だが、1台の「クルマ」という資源を無駄にせず大切に使用するのが否定されているような・・・



最近またガソリンが値上がりしたようだがこの先どうなるんだろうか
リッター¥200オーバーなんて時代になったら気軽にドライブにも行けなくなりそうだ
「暫定税率」国民が政治に振り回されたひと月だった、この先民主党の出方も気になるが税金の無駄遣いが無いようお願いしたいものだ


e0121329_23181322.jpg

[PR]
by junya_soma | 2008-05-16 23:23