鬼ヶ岳 (山仲間と新年会)

今年の初登山は越前市の鬼ヶ岳へ。

昨年会えなかった山仲間も交え山頂の山小屋で新年会。
鯖江インターで石川メンバーと合流し登山口へ、すでにダブルYさんは到着されていました。

登山口では明け方までの雪もやんで青空に・・・



e0121329_18513338.jpg





小屋ではきのこ鍋も予定しているので大きな鍋など食材を分担して登山道へ。

皆さんのザック、アルコールが一番重かったりして(笑)

程よく新雪が積もり歩きやすい登山道、しかし歩き始めるとじきにばてたぁ・・・との声があがる。



e0121329_185516100.jpg




9時過ぎに登り始めたのだが多くの下山者とすれ違う、皆さん早いですね。

適度に休憩し山頂へ、
さっそく山頂の広場で新雪の中へひっくり返る2人。


e0121329_18585660.jpg



青空の下素晴らしい景色を見る事が出来ました。
越前富士「日野山」をはじめ遠くは白山までくっきり!


e0121329_190836.jpg
e0121329_1901544.jpg



山小屋の中ではすでにお鍋の準備が始まっていました。

Yさんが昨秋採って来た天然きのこをはじめみなさんが持ちよったたくさんの具材でおいしい鍋が完成。


e0121329_1932888.jpg



昨日まで韓国に滞在していた2人からは本場のマッコリやラーメンが提供される。
ビールか熱燗まで食いきれないほどの量だ。


e0121329_1981013.jpg



山頂で出会った女性も一緒に記念撮影。


e0121329_199969.jpg
e0121329_1991628.jpg



いい景色を満喫、お腹も満たされ下山しはじめる。

鬼ヶ岳は標高のわりに結構急勾配、先を行くメンバーは突然おしりで滑走し始めた。


e0121329_19115362.jpg


時々顔を出す岩場に注意しながら器用に滑り降りる。

私はおしり滑走ででツルツルになった登山道をゆっくりと追いかける。

ふもとに着く頃には合羽の中はベタベタだったそうです。
次回はビニール袋持参やな。


登山口まで戻り着替え、他のメンバーと別れそれぞれ家路に。


冬の登山、低い山でしたが楽しんでもらえたようでよかったです。
[PR]
by junya_soma | 2015-01-18 20:47