勝山、左義長まつりへ

日曜は勝山市で毎年行われている左義長祭りへ行って来ました。

このお祭りが来ると勝山では春を感じるのだとか・・・


もうひとつ気になっていたのが「清酒一本木」の酒蔵まつり。

この日だけの限定酒販売や酒蔵開放など一本木のファンにはたまらない。

家族を誘うがテンション低い・・・10時のオープニングを見たかったので8時過ぎにひとり出発した。

1時間弱で勝山へ、河川敷に車を駐車してまずは一本義、久保商店の酒蔵へ向かう。

オープンまでまだ40分ほどあるのにすでに行列が・・・



e0121329_2333165.jpg





私も行列に加わりオープンの時間を待つ。

皆さん早くから並ぶ目的はこの日限定販売の「ふなくち」というお酒が目的です。



e0121329_2361476.jpg




中には早朝発で県外から来ている人も、
待ち時間周りでは老若男女一本木の酒談義・・・なぜか皆さんうれしそうです。


10時になり蔵の大きなシャッターが開きます。


e0121329_23105720.jpg



蔵内には社員さんが勢ぞろい、オープンの挨拶~新成人による鏡割り。


e0121329_2314588.jpg



勢い良く蓋が割れ酒が跳ね上がる、最前列の人は酒びたしでは(笑)


式典が終わり樽酒のふるまい。


e0121329_23173454.jpg



酒蔵の中は大勢の人でごったがい、やはり一番人気はふなくちの購入者。

時間が経過しても列が途切れません、中には数箱まとめ買いの人も。


私はまず酒蔵の奥、仕込み樽などの見学コースへ、



e0121329_23225280.jpg



大きな仕込み用のタンクが多数並んでいる、普段は見る事の出来ない無い場所だ。

酒蔵の片隅では酒粕のつかみ取り。



e0121329_23262062.jpg



私もチャレンジしてみたがそんなにつかめるものではありませんね。


私は運転があるので飲めませんでしたが、この日は立ち飲みスタイルで一本義の様々なお酒を飲む事が出来ます。


e0121329_23303111.jpg



皆さんいろいろ飲み比べておいしそう・・・


ノンアルコールの甘酒でガマン


e0121329_23333473.jpg




売店で帰宅後お楽しみ用のお酒をゲット、


e0121329_23352139.jpg




一本義さんも永平寺御用達なんですね、さすがに旨い!いい仕事してますなぁ。


仕上げは屋外で販売されていた酒まんじゅう。


なんと酒まんじゅうにも長蛇の列が・・・


e0121329_2336506.jpg
e0121329_23365717.jpg



妻に頼まれていたし仕方が無い、並ぶかぁ。

まぁ蒸かすのに時間がかかるのでしょう、30分ほど並んで手にしました。


e0121329_23383547.jpg



ひとつはその場で頂き!
もちもちとした食感、三国のとはまたひと味違いますね。

帰宅後妻も満足の味でした。



酒蔵をあとに左義長ばやしを求めいくつかの部落を散策。


e0121329_23413595.jpg
e0121329_23414383.jpg



左義長独特のおはやしにあわせ子供たちが踊り狂う。

小学生が中心らしいのですが、どこも皆踊りやたいこなど上手でよく練習したみたいです。



e0121329_23451734.jpg
e0121329_23452519.jpg




今回はいいお天気でしたしカメラ片手に楽しませて頂きました。


勝山といえばやはり恐竜ですよね。


e0121329_23462256.jpg



各地にあるオブジェ、ご挨拶して河川敷へ。


河川敷では夜のどんど焼きの準備をしていました。


e0121329_23474285.jpg



さすがに21時まではいられませんので準備風景だけ1枚。


今年は奥越でも雪がありませんが、河川敷から見える山々はまだまだ雪深いようです。


あとひと月ちょっとで福井にも桜が見れるんですね。


現在私の手の指先もしもやけがピークに・・・

暖かい春が待ち遠しい、もうしばらくの辛抱です。



余談ですが今日・明日と小2の息子がインフルエンザによる学級閉鎖。

週末には3月に入りますがまだまだ油断は出来ないようです。

体力を持て余す息子、我が家は明日もバタバタしそうです。
[PR]
by junya_soma | 2014-02-25 23:55