群馬県へ  (16日、2日目)

昨夜はあまり眠れず5時前に起きた

朝焼けがきれい、今日も暑くなりそうだ
こんないいお天気になるなら今日妙義山に登った方が良かったかな

そんな事を考えながら着替えや洗面を済ます

せっかく早起きしたんだし涼しいうちに御巣鷹山へ行こう

御巣鷹山は上野村中心部よりかなり山奥に位置する

今年は日航機墜落事故から25年目になるのだが、年々道路は整備されいくつもの長いトンネルが開通している
また途中には上野ダムも完成している

それでも御巣鷹山の登山口手前は今もすれ違いが困難な細い道路、落石も多く慎重な運転が必要だ

私は5年前にも訪れているのだが、遺族の高齢化に配慮し当時の登山口より上部まで道路が延長されていた

かつての登山口に寄り道してみる



e0121329_23254197.jpg





以前来た時の事を思い出しながら周りを見渡す

トイレや休憩所はそのままだったが、旧登山道は閉鎖され廃道となっていた


また車に乗り込み新しい登山口へ向かう
以前歩いた「みかえり峠」などはスルー、じきに新登山口Pに到着


e0121329_2334299.jpg

      前方が御巣鷹の尾根


練馬ナンバーの先行者おっちゃん二人、なんでも昨夜はここに泊まったらしい
この方も一般の慰霊登山の方で、昨夜東京から来たそうだ

その方達を見送り私は朝食、コーヒーを沸かし昨日残ったおにぎりを口にする

その後私も準備をして後を追いかける事に


e0121329_23402116.jpg



歩き始めると元の登山道よりはるかに尾根まで近い
また登山道も整備され歩きやすく、所々水場も用意されているのでありがたい


あっという間にすげの沢の石碑まで来た


e0121329_23483458.jpg



現在は山間の静かな谷だが、事故当時ここから上は地獄絵図のようだったと聞いた事がある


私は今回も数珠を片手に可能な限り墓標に手を合わせたが、なにせ520人が犠牲になった事故
このすげの沢をはじめとして尾根全体に無数の墓標が・・・

中には小さい子供の物も多く心が痛む


事故とは無関係の私だが、元々航空機に興味があり事故当時は中学3年生
連日のニュース報道、特に4人の生存者がいたのには驚いた覚えがある


またここ数年日航機墜落事故関連の映画や書籍がいろいろ出版されている
これらを読み返すとあらためて御巣鷹山へ慰霊登山行きたくなった

この日も御巣鷹の尾根でたくさんの人と話をしたが、私と同じような心境の人が何人もいたようだった



現在の尾根の様子は写真だけアップします





e0121329_042990.jpg

      尾根に広がる無数の墓標



e0121329_062075.jpg

      高濱機長をはじめとするクルーの墓標



e0121329_074925.jpg

      25年前、事故火災により黒く焦げた樹木



e0121329_010699.jpg

      死亡した520人の名前が刻まれた石碑



e0121329_013336.jpg

e0121329_0132583.jpg




e0121329_0141029.jpg

      昇魂之碑



e0121329_0162352.jpg

e0121329_0163764.jpg

      今年設置された鎮魂の風車、奥の稜線には今も残るU字溝





他に印象に残った事として、「遺族有志」と書かれた言葉を登山道の脇で見かけた

それを引用させて頂きここに記します




「あなたやってきましたよ。きこえますか、見えますか
あなたと話したい
あなた、言いたいことは・・・」


「さよならも言えずに旅立ったあなたたち
やすらかに永遠の祈りをささげます」


「あの星は五百二十の御霊
愛は深く、愛は広く
空の安全に永遠の誓いを」





御巣鷹山をあとにし慰霊の園へ向かう


e0121329_0394877.jpg



上野ダムにも立ち寄り空いた道路をのんびりドライブ、小高い丘の上にある慰霊の園へ着いた


e0121329_0421633.jpg

e0121329_0424045.jpg



ここも県外ナンバーの車が多く、上野村を訪れる人が立ち寄っているようだ
あの三角の慰霊碑、毎年ニュースで見た事があるだろう

今年も12日には前原さんなど来賓をむかえ式典が行われた

あの三角の慰霊碑の先の方向が御巣鷹山の事故現場にあたるらしい

管理人によると御巣鷹山まで行かなくてもここでお参りすれば同じだという
だが一度ここを訪れた人は次は御巣鷹山に行ってみたくなるそうです

ここには事故当時の資料や身元が判明しないお骨なども安置されています


山間の上野村だがとにかく暑い、少し車から離れると車内はサウナ状態

暑さでばてるし腹も空いた、お昼時なので村内の民宿でお昼にする

ここは釣りぼりを併設し、ファミリーなどは釣りも楽しめるらしい

マス料理が主なので私は刺身の定食をお願いした


e0121329_053371.jpg



眺めていると店主がいけすから魚をすくい、そのまま私用にさばいてくれたようだ
食べてみると新鮮でクセもなくおいしい

昨日の夜からまともな物を食べていなかったのでお腹も満腹



昼食を済ませ今後の予定を考えていた

もう一泊して妙義山に登るつもりだったが予定を入れ替えたため明日登ったらまた軽井沢の渋滞に遭う
行きの高速で渋滞はうんざりしていた、まだ13時なので福井へ帰ろう

今日は月曜日、ETC割引も無いし上越経由だとかなり距離が長くなる

上野村からぶどう峠経由で長野-岐阜-福井へ一般国道で行く事にした


ぶどう峠を超えるのは今回が二度目、十国峠と並び長野-群馬を結ぶ道路だが決して快適とはいえない
まぁ交通量は少ないので景色を眺めながらのんびりと・・・


長野との県境手前には御巣鷹山が見える箇所がある


e0121329_162324.jpg



事故後に祠が設置されたようだ


そしてぶどう峠


e0121329_181042.jpg



ここから長野に入りR299麦草峠経由で諏訪方面へ


e0121329_192061.jpg



この麦草峠、バイクや車で過去に何度も通っているが私のお気に入りの峠だ

峠の最高地点はなんと標高2127m、福井県にはこんなに高い山は無い
さすが長野県、山岳国道だが路面状態が良い高速コーナーが続く


諏訪ではプチ渋滞にはまり松本からR158で福井へ向かう
道中トイレ以外はノンストップで走り21時頃自宅に着いた

一泊で約1000キロの気ままなドライブ、渋滞さえなけrば大したことないが家族がいたならブーイングだろうな
[PR]
by junya_soma | 2010-08-20 23:12